🛤️

プロダクトロードマップ

公開が予定されている新機能や改善の公開スケジュールです。公開スケジュールは余儀なく変更となる可能性がありますのでご了承ください。

公開された機能

3月

基本機能

✅ 1つのAppifyのアカウントで複数のアプリ管理が可能になります
image
  • ✅ Google AnalyticsのリファラーにAppifyが追加され、アプリからの購入をGAに統合できるようになります
  • ✅ Firebase Analyticsが導入されます
  • ✅ 他のメンバーをアプリの管理者に追加できるようになります
  • ✅ 配信予約のプッシュ通知を削除することができるようになります

BASE

✅ デザイン機能が公開されます

ショップオーナーの方は、アプリのホーム画面に表示する商品やカテゴリーを管理画面から設定することが可能になります

image
✅ テーマ機能が公開されます

ショップオーナーの方は、アプリのメインカラーやロゴを管理画面から設定することが可能になります。

image

Shopify

✅ 管理画面でも実際のアプリのデザインがレンダリングされるようになります

デザイン機能で作成したアプリのデザインが、管理画面上でも実際の商品データを使って表示されるようになります。

image
  • ✅ デザイン機能でコレクションを選択するユースケースでコレクションの検索が可能になります
  • ✅ デザイン機能で商品をバナーの遷移先に設定できるようになります
  • ✅ アプリから複数住所の登録とデフォルト住所の設定が可能になります

CAMPFIRE Community

  • ✅ サービスが公開となります
4月

Shopify モバイルアプリ

  • ✅ デバイスの言語設定に合わせて日本語と英語が自動で切り替わるようになります
  • ✅ デザイン機能のバナーブロックに画像だけを表示できる設定が追加されます
5月

Shopify モバイルアプリ

  • ✅ アンドロイドアプリの作成が可能になります
  • ✅ 管理画面からアプリに表示する規約ページのURLを設定できる様になります
✅ アドオン機能が公開されます

Appifyの機能を拡張してより高度な機能が利用できるようになります。例えば、アプリ上での抽選機能の実現やチャネルトークの導入などがあげられます。

6月に公開が予定されている機能

基本機能

広告測定ツールをアプリに導入できるようになります

設定できる測定ツールはAppsFlyerAdjustです。送信されるデータポイントは追って公開されますので今しばらくお待ちください。

Shopify

  • アプリ内で複数の通貨を利用できるようになります
  • 商品画像の表示方法を長方形か正方形で設定できるようになります
  • 抽選機能を実現できる拡張機能が公開されます
  • 商品一覧画面にソート / フィルター機能が導入されます
  • アプリに検索タブが追加され、管理画面からコレクションを階層化してカテゴリー検索機能を実現できる様になります
  • 設定画面にカスタマイズしたセクションを追加できる様になります
  • VIPアプリ連携の拡張機能が公開されます
  • 会員証機能が公開されます。この機能を使うことで実店舗でQRコードを使って会員連携が可能です
  • かご落ち対策(自動プッシュ通知配信)が公開されます
  • 購入履歴が表示されるようになります

Shopify VIP アプリ

  • ポイント機能 / 会員ランク機能が公開されます

7月に公開が予定されている機能

Shopify

  • デザイン機能でInstagramの投稿を表示できる様になります
  • 通知設定のオプトイン設定が行えるようになります
  • デザイン機能でShopifyのブログを表示するブロックが公開されます
  • デザイン機能で動画を表示するブロックが追加されます
  • デザイン機能で特定のブロックを表示する対象を設定できるようになります
  • 初回起動でユーザーに選択した性別に合わせて、デザインを出し分けることができるようになります

アイスボックス

メモ
  • クーポン機能についてまとめる
  • 分析について
  • 最低限の分析 → Appify

    広告 → AppsFlyerと連携予定

  • 検索タブに画像を設定
ランクシステムでなにを行うのか
  1. 1円あたりnポイント付与するロジック
  2. 顧客が購入するごとにポイントが付与される
  3. ポイントのセグメントごとにそのユーザーのステータスが変わる
  4. ステータスごとにポイントの付与率が変わる
  5. ゴールドは1円で3ポイント

  6. ポイント数で他のイベントに絡めてロジックを組めるようにする
  7. 抽選、配信系には紐づける、メール、通知、ニュース

  • カスタマーを購入金額に応じてランク分けする
  • ポイントはブランドへの貢献度を測るポイントにする
  • → お金として利用する目的はない