他社アプリ作成サービスからの移行

他社アプリ作成サービスからの移行

このページでは他社アプリ作成サービス(eg: Yappli)からAppifyへアプリ作成サービスを移行する際の一連の流れが記載されています。

移行したアプリは新規アプリとしてではなく、既存アプリのアップデートとして顧客に提供されます。ですので、既存アプリをご利用の顧客が各ストアからアプリのアップデートを行うだけでアプリのご利用を開始することができます。

アプリ内でオンラインストアのログインをしている場合、このセッションは新しいアプリには引き継がれません。顧客の方には再度ログインを行ってもらう必要がございます。

Apple (iOSアプリ)

iOSアプリの申請に必要な証明書などはAppleの法人アカウントにすべて紐付いていいます。この法人アカウントにAppifyのAppleデベロッパーアカウントを招待することで、Appifyのサポートチームのメンバーが既存アプリからAppifyで作成したアプリへの移行を行うことが可能になります。通常アプリの移行作業は1~2週間ほどで完了します。

Google (Androidアプリ)

Androidアプリを移行する場合は、セキュリティーの観点で現在のアプリ開発者がアプリを公開するために使用していたシークレットキー(パスワードのようなもの)をAppifyが発行する新しいものに変更する作業が必要です。この作業はGoogleに問い合わせを行い対応するもので、こちらの作業に1~2週間ほど時間がかかることが予想されています。

シークレットキーの置き換えが完了したらあとは通常のアプリ審査に提出し、審査に通るとAppifyで作成されたアプリが公開となります。こちらの審査は1~5日ほどで完了します。